広域紋別病院

  • 電話/ファクシミリ0158-24-3111

  • 〒094-8709 紋別市落石町1丁目3番37号

    交通アクセス

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 部門案内
  4. 看護部
  5. 看護部長のご挨拶

看護部長のご挨拶

ご挨拶

看護部長 工藤 妹津子
 みなさま、こんにちは。
この度、10月1日付けで看護部長に就任致しました工藤妹津子と申します。
 広域紋別病院は、西紋5市町村で運営する地域センター病院です。人の命の誕生から最期を迎える生涯のなかで私たちは地域の皆さんと出会い一時の時間を共有します。
看護部は、患者さんがその人らしく人生を全うできるよう看護師一人一人が専門職業人として常に最善を尽くすことを目指しています。
 人々の寿命が延び、病院は「治す」という病院完結型から「治し支える」地域完結型へと大きく方向転換しています。そして「病気と共に生活する」人を地域の中で支えるためには、医療・介護・福祉が連携し患者さんと共に考え、意思を大事にしながら支えることが大切です。
地域住民の方々のニーズを把握し、安全に必要な医療が提供できるよう①専門的知識・技術の高い看護の提供のための自己研鑽②看護職が働きやすい環境づくり③多職種との連携が必要と考えています。そのために根拠を持ったケアが提供できるよう、院内での新人教育、ラダー別研修の実施や認定看護師研修など院外への計画的な研修派遣によるキャリアアップの支援やeラーニングを導入し、職員皆が学べる環境の整備に努めています。与えるのではなく、自らが考え成長できる機会を作ることを基本に教育体制を整えています。
 また、看護体制の3交代制から一部2交代制の導入や子育て支援などにも取り組んでいます。今後も、看護師がやりがいを感じながら働き続けられる職場づくりに向け職員の皆さんと歩んでいきます。多職種との連携では互いを理解するコミュケーションが大切です。小規模病院だからこそ、職員皆が顔の見える関係で協力していける強みを活かし、自分達が今できることは何かを問い続け、話し、時には院外に出て地域に密着した活動を行える病院を目指していきます。病院と地域の方々が交流する場作りを心がけ、健康講座の開催や中学生等による演奏会を企画しています。例年、市の盆踊り大会にも参加して、地域の方々との円滑な関係づくりを目指しています。
 皆さんが住み慣れた場所で本人らしい生活ができるよう地域で一体となり、それぞれが役割を果たしていけるようお役に立ちたいと思っています。